ShrkSoft

Home » ブログ » iPadianを使ってみた

iPadianを使ってみた

calendar

reload

iPadianを使ってみた

WindowsでiOSシュミレータ!って聞いたので早速触ってみました。

過去に自分もOSもどきを作った(元元ブログサイト)事がありますがiPadianも言ってしまえばOSもどきです。

セットアップ

ダウンロードは公式HPから。

インストーラにはいくつかの無駄ソフトの導入を進めてくるので注意が必要です。

この画面ではそのままNextで次へ。

次の画面でAvastの導入を進めてきます。要らないのでDeclineを押して次へ(この画面でAccept押しちゃうとAvastが入ります。アンチウイルスなのでアドウェアみたいな脅しはないと思いますがAvast入れるならAvast公式からダウンロードしたほうが良いと思います。)

ダウンロード中。待ちます。

ダウンロードが終わるとこの画面になります。

ByteFenceはゴミソフトなのでDeclineを押してインストールを拒否すればiPadianのインストール完了!

こんな感じ

起動するとホーム画面が表示されます。時計アイコンと上部の時計は動きません。飾りです。

マルチタスク出来るようです。右の電源アイコンクリックすれば終了できます。

App Store

アプリは表示されますがGETをクリックするとiPadian Premiumのダイアログが出て何も出来ません。

iPadian Premiumって書いてありますが本当の名前はGameStation。Androidエミュレータです。

電卓

電卓。

時計

時計。AppleWatchの文字盤ですね。

FreeApps

真っ白。飾りかな。

Videos

有名なタイトルがあります。

クリックしても見れません。

Youtube

Youtube on TVを使ってるっぽいです。Youtubeが見れます。

設定

設定。ほとんどが飾りでした。

どうやらこれらのアプリはHTML5で作られてるらしく、インストールディレクトリにアプリ群が並んでいました。

index.htmlを開けばアプリがブラウザ上で見れちゃいますw

iPadもどきのiPadian。そこそこおもしろかったです。