ShrkSoft

Home » ブログ » TeraStation TS5200Dを落札しました

TeraStation TS5200Dを落札しました

calendar

落札したのはTeraStation TS5200D0402。2012年5月発売のやつ。

発売日が2012年ということは、もう8年前ということになりますがヤフオクで完動品が出品されていて前々から欲しかったので落札してしまいました。

で、届いた

無事到着。しかしOSの起動用のHDDが80GBしかないという問題があったので近くの家電量販店でWD REDと東芝のデスクトップ用HDDを購入。

本当はWD REDの2枚刺しが良かったのですが1個しかなかったのでとりあえずデスクトップ用HDDで信頼できそうな東芝のHDDを購入しました。

電源投入~~~!!!

このTeraStationにはHDDを2台搭載でき、早々に容量増やしたかったので電源を入れる前にディスクアレイ2に東芝のHDDを入れた状態で起動します。

緊張の瞬間です。この時点で何かエラーが出たら詰みですからねw

画面が赤い状態でしばらく待ちます。

青くなれば正常に起動出来たことになります。

容量を増やす

現状80GBしかありませんから、買ってきてすでにディスクアレイ2にあるHDDをフォーマットします。

リストに最初は出ないので「ディスクの再認識」ボタンを押すとリストに出るようになります。

未フォーマットと表示され、そのままでは使えないので「ディスクフォーマット」をクリックしてフォーマット。

ファイルシステムはXFSしか選択不可。昔って感じ。

フォーマットには時間がかかります。セルフチェックも入るので大体20分くらいかかったような気がします。

それまで何かゲームするなりイベント消化するなりワンダーランドでお勉強したりして時間を潰しましょう。

フォーマットしたら使えるようになります。

ディスクアレイ1も同じ方法で行う

その流れで80GBしかないHDDも交換出来ますが、最初に取り外すディスクを選択したら「ディスクの取り外し」をクリック。取り外し可能になったら行うようにします。

新しいディスクを入れたら液晶にこのようなメッセージが表示されるので、上と同じ方法でフォーマットしたら完成!

RAIDの構築にはめっちゃ時間かかる

何もデータが入って無くてもRAIDの構築には時間がかかります。

1TBのHDDで8時間くらいかかりました。


TeraStationにはWindowsのバックアップと覇道鯖のバックアップ置き場になってもらいました。

2012年製でかなり古い機種ですが、ファームウェアの更新は続いているのであとはどこまで持ってくれるかが気になるところです。